スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化けかかった田中委員長は赤子の手をひねるように…

おそらくこれは田中俊一氏の、原子力規制委員会委員長として行った最初の会見だと思います。彼は初回からぶっ飛んでいました。どのくらい凄いキャラクタかというのは以下のやりとりでの発言からもよーくわかります。ぜひご一読ください。

【出典】
原子力規制委員会共同記者会見録:平成24年9月19日
http://www.nsr.go.jp/kaiken/

※以下引用↓↓

Q.週刊金曜日編集部のイダと申します。お疲れ様です。よろしくお願いいたします。
(前略)それから、田中委員長は刑事告発されておりますけれども、それについてどう考えているかということについてお聞かせください。それと、2011 年8月23 日の第32 回原子力委員会の議事録によりますと、除染活動についてNPO 法人放射線安全フォーラム、副理事長として発言されておりまして「100mSv というのは健康に大きな影響がないということだと、いわゆる健康影響との関係で、このあたりをどう今後住民に御理解いただくかということ、折り合いをつけていただくかということが大変大事になってくると思います」と発言されております。この発言
の真意についてお聞かせください。これに続けて100mSv だと生涯福島では子育てができないというような趣旨の発言をされていると思いますけれども、この趣旨についてお教えいただければと思います。それから、先ほどからの記者会見の回答を聞いておりますと、福島のサイトの片づけをいかに安全に進めるかとか、事故が収束しているかのような発言をお聞きしますけれども、福島の原発事故は収束しているのか、していないのか、その認識をお聞かせください。最後に、大島委員にお聞きします。国会の事故調では明確に事故は収束していない、この報告書が出ることで収束したととらえることが一番危惧するというふうな文言もあります。それから、新規制委員会人事のあり方についても、かなり詳細な提言をされておりますが、それについて、このような形で規制委員会が発足したことについて、現状どのようにお考えになられているか。以上、お聞かせください。よろしくお願いいたします。

(※更田委員への質問省略に伴い、更田委員の回答も省略) 

A.田中委員長 私が副理事長を今までやってきた2年弱ですが、放射線安全フォーラムの資金の流れを全部出すかというのは、私が決めることではないですから、それは、ここでお答えできません。それから、刑事告発されているというのは、私は初めて聞いたのですけれども、そうなのですか。

Q.はい。

A.田中委員長 そうですか、本人が知らないのに刑事告発されているのですか、わかりました。何で刑事告発されたのかがよくわからないけれども。それから、100mSv についての見解は、私個人のあれではないのです。国連科学委員会とか、さまざまなところで、そういった国際機関でこういう状況になっていますというデータをお示ししました。ただ、福島県の皆さんは、非常に低線量についての不安をお持ちです。それは、事実です。その不安がストレスになって、いろんな他の病気を起こすというか、それが非常に心配されるということは、チェルノブイリの経験とか、IAEA でもそういうことを言われていますので、そういったことをお伝えしたということで、私の見解ではありません。それから、福島1号炉の第一の収束についてどう思うかということですが、私が収束していると、先ほど来、お答えしているように、今後、後片づけをしなければいけないということがいけないということですけれども、片づけないわけにはいかないわけですね。だから、収束していることと、片づけるということとは別です。
本当に収束、安心できるためには、やはりきちんと安全に片づけるということが大事です。
そこは、少し言葉が、考え方がちょっと違うのかもしれない。

※引用ここまで↑↑

田中委員長は、「科学」という言葉を多用しつつも、政治の力は文句なしに認めるし、フィルタベントは必置規制となったはずが「フィルタベントでなくても同等の性能であればいい」旨、泉田知事の条件付き申請承認の直後に発言してみたり、その言動は矛盾していてまったく「科学的」ではない。ご都合主義で、曖昧で、おとぼけのタヌキである。

こんな海千山千を相手にするのに、会見に出ている記者たちはちょっとひよっこ過ぎる気がしないでもない。田中委員長のような化けかかった人物にとっては、赤子の手をひねるようなものではなかろうか。記者側には、もっとしっかりしてもらわないと困る。

スポンサーサイト

規制委は住民の被ばくが研究成果になることを期待しているのか?

原子力規制委員会・田中委員長の会見を聴いて、気になることが一点もない日は無い。

原子力規制委員会記者会見録
日時:平成25 年11 月6 日(水)14:00~

今回は20分程度と短く、いつもよりは田中委員長のアクがない会見になるかと思ったら違った。下記は会見終わりの質疑応答である。

※以下引用↓↓

【質問者:共同通信タケオカ氏】

○記者 最後に1点だけ。先程、放射線審議会のお話がありましたけれども、将来的にその基準について所管する規制委員会としても議論をしていく必要があるということでしたが、将来はどれくらいのスパンで言っていらっしゃいますでしょうか。

○田中委員長 非常に難しい課題なんですね。これまでも何十年となく、その低線量被ばくの影響、低放射線被ばくについてはドーズレート効果とかいろいろな問題がいっぱいあるわけですね。そういったところについて、なかなか結論が出ない。結論が出ないくらい影響が隠れてしまっていて、なかなか出ないところでどういう判断をするかというところです。ですから、我が国だけで多分まとめても意味がないので、国際社会と一緒になって、そういった議論、考え方をまとめていくと。

実は我が国の放射線の基準はほとんどICRP の基準をそのままデッドコピーするような格好で、しかも時代遅れ大体新しいレポートの一回りくらい遅れてから導入されているのですが、そういうことではなくて、もっと積極的に我が国もそれについては発信できるような力量を持つというか、研究もしていくということが大事なのではないかと思っています。

※引用ここまで↑↑

どこに違和感を持ったか、お分かりになるだろうか。

「日本の放射線基準がICRPのデッドコピー」「一回り遅れて導入されている」の表現は、どう読解しても「年間1mSvの基準は低すぎる」という考えの表れに見える。低線量被ばくの影響という問題を引き合いに出しながらそんな本音をチラつかせ、放射線基準について

日本が積極的に力量を持つこと=研究することが大事

と発言している。

私が質問者なら「委員長、それは今回の福島第一原子力発電所事故を利用して、20mSvまでのさまざまなレベルの線量下で暮らす住民の健康がどうなっていくか研究することで、今まで国際的に謎だった低線量被ばくの影響をある程度解明できると。そういう"科学的"成果を期待しているとも受け取れますが、違いますか。」と問い質しますよ。

田中委員長にぶつけたところで、うがった見方としてせせら笑うだけだろうけれど。

「科学者」(?)として、住民の被ばくに期待しているような心の奥底が透けて見えた気がして、もちろんそれは今のところ証明しようがないけれども、上記に引用した会見終わりの発言がなんとも後味が悪く、聴いた当日は怒りでなかなか眠れない夜となった。

傍聴人監視、公開資料黒塗りの巻。(原子力規制委員会発足当初)


原子力規制委員会委員長の定例会見は昨年(2012年)の9月19日から開始したので、まだ発足間もない頃の会見録ではありますが、非常に興味深い内容があったのでご紹介しておきます。組織の隠された体質の一端を物語るのかもしれません。

【出典】
原子力規制委員会記者会見録:平成24年10月10日

※以下引用↓↓

○記者 アワープラネットTVの平野と申します。

原子力規制委員会が発足して、今日は4回目の委員会の会議となったのですが、毎回、会議の開催の際に会議室の中に公安警察が入っていて、市民の傍聴している様子など、あるいはどこのメディアが入っているかを監視しているのですけれども、今朝、傍聴者の一部が気づいてそれを指摘しに行って、結局、公安警察の人は退席したのですが、これは委員長の指示によるものなのかをお伺いしたいと思います。

〇田中委員長 先程委員会でその声を聞くまでは私も全然知りませんでした。

〇記者 それでは、警察の方は、話の中で要請されて来ているということをはっきりとビデオの前で言っているのです。また、ネームタグが一般の方とは違う、赤色の線が入ったネームタグを着用していまして、ぱっと見は、要するに警備とかそういったことはわからないのですけれども、一般的にこうした会議に知る権利ということを行使して傍聴している人を監視することは許されないと思うのですが、委員長はどのようにお考えでしょうか。

〇規制庁 ちょっと事務方からご説明申し上げます。

もとよりこの委員会はインターネットで配信するなど、基本的に情報公開を旨とさせていただいております。そして、委員会開催に当たって平穏に会議を行っていただくことは非常に大事なことなので、事務方としてのその点について心を配っております。

委員会の開催のときに、いわゆる庁舎内の秩序維持という観点から、警察署に対して警備を依頼させていただいてのは事実でございます。そういう観点で入っていただいていたこともあるということでございますけれども、今後、実際に平穏に会議が進められるということであれば、そこは見直していくこともあろうかと思います。

〇記者 では、事務方から要請をして入っているという認識でよろしいでしょうか。

〇規制庁 そのとおりです。常に入っているということではなくて、平穏に会議を実施する観点から入っていただくこともあるという形でございます。

〇記者 保安院の時代には、部屋の中には入っていなかったと思うのですが、毎回、廊下の外で警備の方たちが待っているという形で、部屋の中には入っていなかったのですが、そのあたりの変化というのは、例えば規制庁のトップが池田さんになったからとかそういったこともあるのでしょうか。

そういうことは全く関係ないと思います。保安院の時にどうだったかは、私は知らないのですが、当初、規制委員会が始まって、まだ試行錯誤している状態で、平穏な会議の維持ということができるのであれば柔軟に対応したいと思っています。

○記者 あと一点、保安院の時代に、要するに市民の傍聴者の名簿を警察に見せた疑いが生じて、これはちょっと大きな問題になっていて、公安警察の人も知っていたのですけれども、あとは、過去、防衛庁が情報公開請求を行った人の名簿を作成していたことがわかった時に、これも大きな問題になって、官房長や文書課長などが更迭される事態もあったと思うのですが、この点について、できれば委員長からどのように思われるのかというのを直接伺いたいのですが。

○田中委員長 どのように思われるかというのは、今、事務方がお答えしたとおりですけれども、実は、この規制委員会は、私自身がいろいろな方からも1人で歩かないようにとか御注意を受けているのですが、いろいろな方がまだ落ち着いていない状況もあるので、そういうことを事務方が御心配されたのだと思うのです。基本的にこんなことが不要な世の中になるのが本来の姿だと私個人は思いますけれども、今はそういうことですので、今、事務方からお答えしたように、状況を見て、そういうことがないようにしていきたい、できればと思いますが。

○規制庁 情報の管理は、今、御指摘いただいた点は大事だと思いますので、その辺は徹底したいと思います。

※引用ここまで↑↑

こんなことがあったとは知りませんでしたね。コメントは難しいところです。本来あってはならないのは当然。と同時に、原発にかかわる問題で、傍聴人の監視が何らかの方法によって「行われないはずはない」というのも、現実です。部屋に入って監視するのをやめさせれば、警察ではなく内部にそういう担当を密かに置くなり、入室までの経路で防犯カメラなどを使って記録を取り、情報収集するなりするであろうことは容易に推測できます。もちろん、「推測」ですけどね。
■黒塗り書類による「情報公開」

※以下引用↓↓

○記者週刊金曜日編集部の伊田と申します。

情報公開の関連でお聞きします。実は、原子力安全・保安院に対して、職員でこれまで処分している実績があるかということを公開していただきました。日付は10月になってからですので、形の上では田中委員長名で公開されたのですけれども、私、各省庁でいろいろ情報公開をやってきましたが、こんな黒塗りのものは見たことがありません。

読みますと、注意口頭、黒塗りがあって、原子力安全・保安院では、黒塗り、何とかしている。あなたは、その後全部黒塗りで、かかる行為は当院の信頼を低下させることに加え、誠に遺憾である。よって、今後のこのようなことがないよう注意する。で保安院長名なのですけれども、日付もなければ、行為の名前もないわけです。これは田中委員長が強調されている情報公開、開かれた規制委員会ということに対して、かなり逆行しているような決定ではないかと思うのですが、このことについて事務局に聞くと、形の上では委員長の決定で出たということになっているそうですので、そのことについてのお考えをお聞かせいただければと思います。

○規制庁 保安院の行った処分に関する書類ということでございますね。

○記者はい。

○規制庁 細かいこと、事実関係も含めて把握していないので、改めて事務的に対応させていただきたいと思います。

○記者 ただ、委員長一言いただけますか。他の省庁では具体的に名前も行為も全部公開で出る省庁もあるのです。

○田中委員長 それは例えば個人情報の問題とか、いろいろなことをお考えで判断している場合もあるから、私はちょっとそこで。皆さんから見たら、できれば白い方がいいのでしょうけれどもね。

○記者 是非御検討ください。日付まで黒塗りとかいうのは、ちょっと考えられないことだと思います。

※引用ここまで↑↑

最後は田中委員長独特の切り返しで終わります。この回で記者側から提起された問題は、その後解決したのかもしれませんしそうでないかもしれない。現時点では、発足当初と最近の会見録を読み終わりましたが、その限りで言うと、会見で記者側から苦情が出ると、その後対応がなされているような節はあります。

甘利氏-泉田知事7月30日会談、当日これまでのニュースまとめ

甘利大臣との面談に関する知事コメント

が県から出されましたので、転載させていただきます。

◆◆以下、転載↓↓◆◆

 本日、甘利経済再生担当大臣と面談し、東京電力の適合申請について以下のようにご説明申し上げました。しかし、時間切れで結論を得ることができませんでした。

原子力規制委員会への申請は設備の完成時期の明示が必要であり、申請後に自治体との合意で基礎から作り直す可能性もあるため、先行申請の意義が理解できないこと

住民の被ばくを避けるための運用について、自治体と合意がないと原子力規制委員会は審査できないはずであること

 なお、以下の懸念の点についてもご説明申し上げました。

フィルター付きベント設備は、放射性物質を薄めるとはいえ外部に放出する設備であること

・フィルター付きベント設備の基礎が、中越沖地震で火災を起こした3号機所内変圧器の不等沈下対策として行った基礎工事対応と異なった対応となっていること

住民の被ばくを避けるため、自治体と協議の上、性能を設定することが必要であり、また、格納容器ベントの実施を誰がどのような状況下で判断し、事前の地元住民への情報連絡はどのように行うかなど運用面も含めて安全性の確認が必要であること

また、原子力規制委員会が示した規制基準では、過酷事故が起きた際の事故収束の体制が不十分であること等について申し上げました。

会談を終えての知事ツイート
https://twitter.com/IzumidaHirohiko/status/362034006793003008
2013年7月30日 - 11:16

<甘利担当相>新潟知事と会談、物別れ…安全審査の意義巡り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000079-mai-bus_all
毎日新聞 7月30日(火)21時16分配信

◆◆以下引用↓↓◆◆

柏崎刈羽原発6、7号機の安全審査の申請をめぐる東電の広瀬直己社長と泉田知事の協議は今月5日の会談が物別れに終わって以降、次の日程さえ決められない状況。今後は政府が今回の甘利再生相と泉田知事の会談を受け、地元の意見を踏まえた対応策を打ち出すかどうかが注目されそうだ

◆◆↑↑引用ここまで◆◆

柏崎刈羽原発安全審査 甘利経済再生相と泉田知事が会談も平行線
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130730-00000863-fnn-soci
フジテレビ系(FNN) 7月30日(火)14時49分配信


新潟知事・甘利大臣会談は「物別れ」安全審査申請で

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130730-00000021-ann-bus_all
テレビ朝日系(ANN) 7月30日(火)13時59分配信

再稼働めぐる会談、平行線 甘利氏と新潟知事 柏崎刈羽
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000024-asahi-pol
朝日新聞デジタル 7月30日(火)13時8分配信

「安全審査と再稼働判断は別」再生相の説明に新潟知事の納得得られず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000539-san-soci
産経新聞 7月30日(火)11時29分配信

<柏崎刈羽原発>甘利経産相と泉田知事が会談も「すれ違い」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000022-mai-bus_all
毎日新聞 7月30日(火)11時12分配信

※この記事、会談の経緯は正しく書かれているようだ。


再生相との会談「擦れ違い」=新潟知事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000039-jijp-bus_all.view-000
時事通信 7月30日(火)11時6分配信

※短いが知事のコメントあり

甘利再生相と泉田新潟知事「擦れ違い」=東電の原発審査申請で会談
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000042-jij-soci
時事通信 7月30日(火)10時41分配信

甘利大臣-泉田知事会談を公開で実施するよう働きかけよう

会談終了しましたね。
呼びかけに応じてマスコミに取材依頼をしてくださった方々、
ありがとうございました。


==========================================================

甘利氏との危険な会談

泉田知事が罠にはめられないよう、マスコミ各社へ、取材を働きかけよう!!

7月30日(火曜日)に、甘利経済再生相と新潟県の泉田知事が会談する。知事は甘利氏の考えを聞きに行くのではない。新潟県が何を懸念しているかを説明するためにアポイントを取ったのである。(詳しくは後半の知事会見引用を参照してください。)

しかし事実に反しマスコミはこぞって、甘利氏が泉田知事を説得する舞台として報じている。

甘利氏と新潟知事、会談へ 30日、原発再稼働めぐり
(朝日デジタル;2013年7月27日2時35分記事)

◆◆以下引用↓↓◆◆

 【山本亮介、江渕崇】東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働申請について、甘利明経済再生相が30日に新潟県の泉田裕彦知事と会談することになった。安倍政権は原子力規制委員会が認めた原発を再稼働させるため、政府が地元自治体の説得にあたる方針を掲げており、甘利氏は泉田知事に再稼働申請への理解を求める見通しだ。

◆◆↑↑引用ここまで◆◆

甘利氏は自由な発言で有名な人。バリバリの原発推進派としても知られているようだ。

甘利明「日本なんかどうなったっていい」「私を陥れるために取材しただろう」「原発事故の責任を押し付けられたらたまったもんじゃない!」


日本国民は自民・甘利政調会長の実像が原発マネー支配人であることを知るべし!甘利は、将来的に原発ゼロは不可能と強調!

さらにはこんな出来事もあったっけ。

【三宅雪子】友愛ショック!『甘利の拳』

まあ、この件は真偽がわからないので、敢えてギャグ的にあしらった動画を取り上げましたが、逆に言えば、甘利氏の周囲でこういう訳の分からないことが起きた…という事実が、実に気味悪いです。

以上、会談の目的が誤ったニュアンスで伝えられる中で、もし30日の会談が非公開で行われたら、泉田知事が三宅さんのように転んだり、言ってもいないことを言ったとか、あるいは言ったはずのことを「聞いていない」と甘利氏から主張されたり…というリスクを懸念してもおかしくないでしょう。

故意ばかりでなく、甘利さんの記憶力の問題もありますしね。

ということで、是が非でも、30日は会談をオープンにして内容をしっかり報道していただくべく、マスコミ各社に働きかけましょう!!というのがこの記事の趣旨です。

よろしくお願いします。

一応、報道各社のツイッターアカウント(公式)をリストアップしておきました。
よろしくお願いします。

@asahi 朝日新聞(asahi shimbun)
@asahi_niigata 朝日新聞新潟総局
@Asahi_Shakai 朝日新聞社会部
@asahi_kantei 朝日新聞官邸クラブ
@asahi_tokyo 朝日新聞東京報道編成局(コブク郎)
@mainichijpedit 毎日jp編集部
@mainichi_shakai 毎日新聞社会部
@mainichi_shuto 毎日新聞 首都圏版
@niigata_nippo 新潟日報
@superj_niigata スーパーJにいがた
@TeNY4ch テレビ新潟
@Yomiuri_Online 読売新聞YOL
@asahi_tv ABC TV NEWS
@yajiumatv やじテレ!(やじうまテレビ)
@widescramble ワイド!スクランブル
@tv_asahi_news テレ朝news
@hs_sunday 報道ステーションSUNDAY
@tbs_newsbird TBSニュースバード
@news23_tbs news23
@tbs_houtoku 報道特集(JNN / TBSテレビ)
@asazuba みのもんたの朝ズバッ!
@ZIP_TV ZIP! 日テレ
@bankisha バン犬(真相報道バンキシャ!公式)
@ntvnewszero NEWS ZERO
@tokyoseijibu 東京新聞政治部
@tokyokeizaibu  東京新聞けいざいデスク
@nhk_news NHKニュース
@nhk_shutoken  NHK@首都圏
@nhk_NEWSWEB  NHK NEWSWEB
@joqrpr - 文化放送広報
@1242_PR - ニッポン放送 広報室
@TOKYOMX TOKYO MX
@gojimu 5時に夢中!TOKYO MX
@nikkan_gendai 株式会社 日刊現代
@akahata_PR しんぶん赤旗

新聞・テレビ各社への電話、メールでの申し入れはこちら↓↓

日本の各マスコミへの連絡

新潟県HPで公開している
平成25年7月11日 泉田知事定例記者会見要旨 より

以下引用↓↓(Qの後に発言者として"記者"と管理人が加筆)

Q 記者
 甘利大臣が知事の対応に関して「誤解されているのではないか」ということをおっしゃっています。何の誤解かというと規制委は再稼働の判断をするものではないということで、安全性のチェックのわけだから、全国の原発の安全性をチェックした方が良いという趣旨のことをおっしゃっていたのですが、それについての受け止めは・・・。

A 知事
 甘利大臣は安全性と言いましたか。

Q 記者
 安全性だったと思います。

A 知事
 皆さんも言葉に気をつけて欲しいのですが、適合申請です。原子力規制委員会は安全基準と言っていません。事故は一定の確率で起こるという前提でつくっている規制基準と言っているわけで、安全性の確認をすると甘利大臣は言ったのでしょうか。規制基準に合うかどうかの確認か、どちらを言われたのでしょうか。

Q 記者
 安全性という文言を見たような・・・。

A 知事
 少し確認してください。規制基準に合致するかだけを判断するのが原子力規制委員会という言い方なら正しいと思いますが、もし、安全性ということになるとすると、少し認識がどうかなということかと思います。何を懸念しているかを含めて甘利大臣にはご説明したいということで申し入れをしました。

Q 記者
 それはいつですか。

A 知事
 昨日か一昨日だと思います。そうしたら選挙期間中はお会いできないということなので、選挙期間後ということになりましたが、何を懸念しているかについてはご理解いただけるような努力をしたいと思います。

フリーエリア2

海風ブログ
共有ボタン
投票
無料アクセス解析
最新記事
プロフィール

umikaze

Author:umikaze
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
広告
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。