スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉田知事は柏崎刈羽原発の再稼働を容認するか

原発再稼働をめぐり、泉田裕彦知事の置かれた立場、本心がどうなのかなどについて、各メディア・ジャーナリストたちが気にして記事にしている。ツイッターでも多くの決めつけ、憶測がまことしやかに語られ拡散され、流れる。世界最大の原子力発電所である、東京電力柏崎刈羽原子力発電所の先行きは目が離せないだけに、世間がこの問題に重大な関心を持ち続けることは必要だろう。

だが私が読む限りでは、泉田知事についてのどの記事もピンとくるものがない。おそらく、知事についての取材が足りないのではないかと推測する。取材というのは本人に問いかけるだけではない。今まで、住民を被ばくから守るために知事がどのような対応をしてきたか。原発以外ではどのような政策を採り、どのように行動し発言してきたか、についての研究が足りな過ぎることが、浅い考察/分析に終わっている原因ではないかと想像する。痺れが切れたので書くことにした。

私は一般大衆の中では知事をよく観察しているほうだと思う。その自負においていくつかいえることがある。ただ、柏崎刈羽がどうなっていくか先がまったく読めない混沌とした状況下で、原発以外の問題をことさらに取り上げて焦点をぼかすようなことはしたくない。(しかしながら、書かないということと知らないということは別だ。対象を研究しなければ、必然的にそれだけ読みは浅くなる。)

今回は一か所を除き、敢えてリンクで「ソース」をいちいち示しながら書くようなことはしない。読みにくいからだ。といって無断引用することはもちろんしない。噛み砕いて書いていきたいと思う。今ある論調を踏まえて諸説を掲示し、いちいち反論することもしない。

最初に私なりの、現時点の結論を書くとこうだ。

泉田知事がこの先、柏崎刈羽原子力発電所についてどのような行動・判断をするかということについて、誰がどのように憶測することも無駄である。

なぜなら、知事自身、現時点で答えを持っていないからだ。「それは建前で、腹づもりがないはずはない」と考えるのは凡人である我々ならではの思考回路だろう。

本当はこうであるはず、ああであるはず、という答えを期待するのは、それがプラス方向でもマイナス方向でも、期待する側の価値観あるいは美学に基づいた勝手な憶測で、知事自身の行動規範とは無関係だ。ある人は震災後、泉田知事を神のように尊敬し。慕い。評価し。身内のような気分で熱く思いを寄せる。ある人は、泉田知事が自分の思いと異なる行動をするからと憎み、逆恨みし、罵詈雑言を浴びせる。

だが当の泉田知事自身はどうかということを、知事のこれまでの言動から想像するに、自分に対して好意的な人にも敵意に満ちた人にも公平に、分け隔てなく、命と安全、財産を守ってあげたいと思っているはずだ、と私は思う。バランス感覚に優れた人で、経済発展、技術進歩については積極的な面もしっかり持っている一方、新潟水俣病の被害者に対しては、高度成長のしわ寄せがこのような形で一部の人を苦しめた結果に胸を痛め、一貫して被害者の立場に立って行動している。

東日本大震災で生じた、放射能に汚染されたがれきを全国に拡散し、焼却する、という環境省のやり方に対しても、新潟水俣病の例を引き合いに出し、「被害が出てからでは遅い」と、毅然として異議を唱え続けた。政治的なレッテルでは保守本流の政治家ということになるのだろうが、実を見れば、同時に徹底した人道主義者であることが読み取れる。

さて、冒頭に出してしまった私の「現時点の結論」の根拠を書く。それは、泉田知事自身が9月の県議会で答弁しており、私はその答弁内容が信じるに足るものだと思う、という素直な理由からである。

知事は、東電にも、原子力規制委員会にも、原発を安全に運転するうえでの課題について指摘し続けている。すべての前提に、「福島第一原子力発電所事故の検証・総括」がある。

原発に対する立場の違いはさておき、この検証・総括がいつ終わるのか、その上で知事が提起している東電の問題や国の法整備の不備なりをすべて整えたら果たして原発は再稼働しても大丈夫なのか?という点は、誰もが気になることかもしれない。これについて、上手な言い回しではないながらも手を変え品を変え何度も食い下がって質問した議員が9月県議会(連合委員会)でいた。長部登氏(社会民主県民連合)である。

このやりとりについては文字起こしをしているので、ソースに当たりたい方は参照いただきたい。

原発問題に関する泉田知事の重要答弁【新潟県議会連合委員会:質問者・長部登委員】文字起こし

http://shionooto.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

平成25年9月定例会 10月2日 連合委員会(第2次)
社会民主県民連合 長部 登 委員

http://www.niigata-pref.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=306
※上記録画は、議事録が公開されるまでの限定公開かと思います。

答弁内容から判断からして、福島第一原子力発電所事故の検証・総括が前提である以上、それが終わったらどのような判断を下すのかというのは現時点で分かろうはずもないというのが新潟県・泉田知事の立場である。これは論理的に言ってももちろんそうなる。まして事故自体が収束できていないなかで、検証・総括の終わる時期が見込めるはずもないと考えるのが常識だろう。

だから、この2つの不確定な要因があるうえに、現在知事が問題提起していることを全部解決したら、再稼働を了承するのかしないのかとさらに仮定を置いて聞かれても、答えようがないのは当たり前である。

長部氏にしても、そんなことは承知のうえで、泉田知事が政治家である以上、なんらかの立場が現時点ですでにあり、少なくともこういう場合はこう、というフローチャートくらいは持っているだろうという感覚で質問したかったのだろう。しかし当然といえば当然ながら、泉田知事は「予見」について一切の答えを与えなかった。

代わりに説明したのは「ラプラスの悪魔は存在しない」というエピソードであった。一行で噛み砕くなら、

現代の科学では未来は予見できない

ということを説明したのである。ニュートン方程式、アインシュタイン方程式、統一場理論、量子力学……という言葉が立て続けに出てきて、私は爆笑した(というのをもしご本人が聞いたら気を悪くされるかもしれないが)。しかしこれは、知事自身が好きな話を比喩として出したのであり、決して煙に巻くためではないと思う。楽しそうに話していたからである。

保守だけど、正義感があり、バランス感覚がよく、方針はブレず、自分に厳しく人に優しく。誰にも分け隔てなく。京大とはいえ法学部出身なのに、やけに物理学にも詳しく。こんな魅力的な人を、ほめたりけなしたりしながら世間の目が釘付けになるのは無理もない。

でも。

結びとして私の考えを書きたい。

我々は、自身のちっぽけな憶測から、泉田知事を解放してあげるべきではないか。知事自身、福島第一原子力発電所事故の検証・総括後に自分がどう判断するのかを今は知らないのだ。それでいいではないか。私は知事の、科学的な思考を尊重したい。その根底に、人を大切に思うやさしさが敷き詰められていることを知っているからだ。

確かなのは、今この瞬間まで起きてきたことだ。この道のりの中で、泉田裕彦という人は、一度も「人間」という存在を裏切ったことはないと私は思う。それで十分であり、ラプラスの悪魔が存在しないにもかかわらずあなた自身がどうしても未来を見通したいというのなら、よく調べ、研究し、確実に今まで起きてきたことを材料に類推して判断するのが一番ズレが小さいのかもしれない。

でもそれが憶測である限りは、確たる証拠があるかのように情報拡散しないことが、ここまで頑張ってきてくれた泉田知事を尊重することではないかと私は思う。、

我々は、この魅力的な人から目は離さず、心はちょっと離して……といってもなかなかできないのかもしれないが、自分自身の思考と歩みに、もっと集中すべきではないかと考える。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア2

海風ブログ
共有ボタン
投票
無料アクセス解析
最新記事
プロフィール

umikaze

Author:umikaze
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
広告
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。