スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化けかかった田中委員長は赤子の手をひねるように…

おそらくこれは田中俊一氏の、原子力規制委員会委員長として行った最初の会見だと思います。彼は初回からぶっ飛んでいました。どのくらい凄いキャラクタかというのは以下のやりとりでの発言からもよーくわかります。ぜひご一読ください。

【出典】
原子力規制委員会共同記者会見録:平成24年9月19日
http://www.nsr.go.jp/kaiken/

※以下引用↓↓

Q.週刊金曜日編集部のイダと申します。お疲れ様です。よろしくお願いいたします。
(前略)それから、田中委員長は刑事告発されておりますけれども、それについてどう考えているかということについてお聞かせください。それと、2011 年8月23 日の第32 回原子力委員会の議事録によりますと、除染活動についてNPO 法人放射線安全フォーラム、副理事長として発言されておりまして「100mSv というのは健康に大きな影響がないということだと、いわゆる健康影響との関係で、このあたりをどう今後住民に御理解いただくかということ、折り合いをつけていただくかということが大変大事になってくると思います」と発言されております。この発言
の真意についてお聞かせください。これに続けて100mSv だと生涯福島では子育てができないというような趣旨の発言をされていると思いますけれども、この趣旨についてお教えいただければと思います。それから、先ほどからの記者会見の回答を聞いておりますと、福島のサイトの片づけをいかに安全に進めるかとか、事故が収束しているかのような発言をお聞きしますけれども、福島の原発事故は収束しているのか、していないのか、その認識をお聞かせください。最後に、大島委員にお聞きします。国会の事故調では明確に事故は収束していない、この報告書が出ることで収束したととらえることが一番危惧するというふうな文言もあります。それから、新規制委員会人事のあり方についても、かなり詳細な提言をされておりますが、それについて、このような形で規制委員会が発足したことについて、現状どのようにお考えになられているか。以上、お聞かせください。よろしくお願いいたします。

(※更田委員への質問省略に伴い、更田委員の回答も省略) 

A.田中委員長 私が副理事長を今までやってきた2年弱ですが、放射線安全フォーラムの資金の流れを全部出すかというのは、私が決めることではないですから、それは、ここでお答えできません。それから、刑事告発されているというのは、私は初めて聞いたのですけれども、そうなのですか。

Q.はい。

A.田中委員長 そうですか、本人が知らないのに刑事告発されているのですか、わかりました。何で刑事告発されたのかがよくわからないけれども。それから、100mSv についての見解は、私個人のあれではないのです。国連科学委員会とか、さまざまなところで、そういった国際機関でこういう状況になっていますというデータをお示ししました。ただ、福島県の皆さんは、非常に低線量についての不安をお持ちです。それは、事実です。その不安がストレスになって、いろんな他の病気を起こすというか、それが非常に心配されるということは、チェルノブイリの経験とか、IAEA でもそういうことを言われていますので、そういったことをお伝えしたということで、私の見解ではありません。それから、福島1号炉の第一の収束についてどう思うかということですが、私が収束していると、先ほど来、お答えしているように、今後、後片づけをしなければいけないということがいけないということですけれども、片づけないわけにはいかないわけですね。だから、収束していることと、片づけるということとは別です。
本当に収束、安心できるためには、やはりきちんと安全に片づけるということが大事です。
そこは、少し言葉が、考え方がちょっと違うのかもしれない。

※引用ここまで↑↑

田中委員長は、「科学」という言葉を多用しつつも、政治の力は文句なしに認めるし、フィルタベントは必置規制となったはずが「フィルタベントでなくても同等の性能であればいい」旨、泉田知事の条件付き申請承認の直後に発言してみたり、その言動は矛盾していてまったく「科学的」ではない。ご都合主義で、曖昧で、おとぼけのタヌキである。

こんな海千山千を相手にするのに、会見に出ている記者たちはちょっとひよっこ過ぎる気がしないでもない。田中委員長のような化けかかった人物にとっては、赤子の手をひねるようなものではなかろうか。記者側には、もっとしっかりしてもらわないと困る。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア2

海風ブログ
共有ボタン
投票
無料アクセス解析
最新記事
プロフィール

umikaze

Author:umikaze
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
広告
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。